2018年08月05日

Vapefly Galaxies MTL RTA 2ml/3ml

今日は巷で評価が高いVapeflyのGalaxies MTLをレビューです。

P6100990.jpg
いろいろな方のレビューや他の方の評判の噂を聞いていましたので
先入観が若干強いかもしれないのですが、ひとまず実物を見て実際のレビュー。

開封


開封します。上段に本体部とスペアガラス、スペアのドリップチップがありました。
ドリップチップはスペアと言うか素材違い?よく見てみましたが、よくわかりませんでした。
P6100991.jpg

すべて開けて出してみるとこんな感じ。
P6100992.jpg

スペアガラスというよりは、容量を変える用のガラスと言ったほうがいいかもしれません。
そのほか、プリメイドコイル、コットン、Oリングなど付属します。

本体


P6100993.jpg
バラすにはさほど難しくありませんでした。
最近のアトマイザーはかなり硬いものがほとんどですが、これは割と楽ちん
ただ、ガラスは抜きにくいのでやめておきました。下手しますとOリング壊れそう。

P6100994.jpg
デッキです。なんかどこかで見たことがあるようなデッキでしたが、なんでしたっけ
好みではないのですが、ビルドしやすいほうだと思います。

P6100995.jpg
両側にネジがありますが、これが厄介。22mmギリギリ設計のMODがこれが邪魔になり、つけにくい事があると思います。
iLeafのiStick PICOは付きますが、干渉します。おすすめしません。

ここは安定のトップフィル。
P6100996.jpg

実際に使ってみる


P6100997.jpg
iStick Picoには先述の通りバッテリーキャップに干渉しますが、つけられます。
MTLということでじっくり吸える感じではあるのですが、もともと私はかなり絞って常に使っていますので、違和感はありません。
味もよく出ますね。思っていた通りのいい味出しています。
P6100998.jpg
デザイン性も悪くありませんが、3mlガラスに変えないと容量が少し少なめ。
個人的にここは譲れないかなぁというところ。ダラダラ吸いたいのです。

P6100999.jpg
というわけで、総括としては非常に良いRTAだと思います。
完成度高いですね。
ただ、個人的に容量が少し少ないかなぁというところ。リキッドボトル持参するスタイルであれば特に問題ありませんけれども、私はあまり荷物を増やしたくないので、ここは微妙かなぁと言ったところでした。

もし気になった方は以下から手にれることができます。
https://www.heavengifts.com/product/Vapefly-Galaxies-RTA.html

今回はHeaven Gifts様よりご提供いただきました。比較的性能もよく高くもなく安くもなくの価格帯ですので、気になった方は買ってみる価値はあると思います。
ラベル:Vapefly rta
posted by Vapor Punker at 23:29| Comment(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

Kamry Kecig 4.0

今回はVapeではなく、ヴェポライザーのレビューです。

ヴェポライザーといっても、どちらかというとiQOS互換機だとか、加熱式タバコと言ったほうが馴染み深いと思います。
私自身、Vapeの他にヴェポライザーも所有しており、こちらは今後のレビューをする予定ですが、まずはみなさんの馴染みが深いと思うIQOS互換機であるkecig 4.0のレビューをしたいと思います。

正直、私はVapeから入ってきているため、kamryと聞くと某Youtuberのネガティブな動画で良い印象がなかったのですが、これは良いと思います。
というわけで、早速見ていきます。

P5270947.jpg

ちなみに、Kecigはいくつかバージョンがあるようで、今回は4.0の現時点での最新バージョンです。
まだレビューしている方も少ないんじゃないかなと思います。



開封


箱は非常にコンパクトでシンプル。
ヴェポライザー自体はVapeと比べて付属品が少ないので、見るものがあまりありません。
基本は本体と清掃具、充電ケーブルです。
P5270948.jpg

P5270949.jpg

本体


ボックスタイプで非常に小さいですね。
小型のBluetoothレシーバーみたいだなと思いましたが、IQOSの箱と比べるとこんなに小さいです。
P5270950.jpg

P5270951.jpg
少し見えにくい写真ですが、側面に温度調整スライドスイッチと、プッシュボタンがあります。
温度調整スイッチをスライドさせ、プッシュボタン2秒長押しで電源が入ります。
2段階の操作でスイッチが入りますので、誤動作が少ない仕様です。個人的には長押しよりも連打式の方が好みですけれども。

P5270952.jpg
もう片側の側面にはスライド式のスティック取り出しレバーがあります。
これを使わないとスティックの中身だけ残りますが、レバーを使えばしっかりと抜けます。

ちなみに残ってもレバーを使えば抜けます。
P5270953.jpg

上部にはスティックのスリーブがあります。これは抜くことができます。

P5270954.jpg
中を除くと、ブレード式の加熱部があります。これはIQOSと同じ構造です。
ここから分解ができるか見てみたのですが、多分非分解だと思います。
ただ、数回使いましたが汚れは少ない感じですので、清掃頻度は少なそう。。

P5270955.jpg
インジケータを光らせていますが、バッテリー残量は4段階表示。
4本使いましたが、まだマックスです。1充電で10本使えるようですが、加熱設定次第だと思います。

実際に使ってみる


P5270956.jpg

まず、温度調整がLo Mid Highの3種類あるのですが、Midで試してみます。
電源を入れるとバイブレーションで加熱開始、もう一回バイブレーションで加熱終了、そこから吸えます。
約210秒(3.5分)ですので短めかと思いきや、結構ニコクラが来たので私はこれ以上吸ってられなかったです。
ヴェポライザーなどは長いものですと10分楽しめますが、これは1セッションで十分過ぎました。

Highですと、ミストが熱めでキツイです。直接肺に入れるとむせるぐらい、普通の喫煙と同じぐらいでしょうか。
私はMidとLoを切り替え使用で十分でした、頭痛いです。

スティックを抜いてもあまり焦げが発生しておらず、効率的な加熱がされているものと思います。
焦げが良いとかいう方もいらっしゃるようですが、要は吸いごたえとの兼ね合いですので焦げがなく、吸いごたえがあれば良いんです。

クリーニング機能で空焼き、ドライバーンができる設定がありますが、今回は使用しませんでした。
というよりも4回使いましたが、まったく汚れがつかなかったので。。


というわけで、これは良いですね。
モバイルバッテリーとスティック、本体で非常にコンパクトです。
ポケットにも入りますし、外出時はこれでいいんじゃないかと思えてきました。

ただ、私はどうにも強く、味もヴェポライザーより格段に薄いのですが、
単純なニコチン摂取機として優秀なんじゃないかなと思います。
タバコはを燻している匂いは当然ありますので、苦手な人は苦手かもしれませんが、加熱タイプを嗜んでいる方には良いんじゃないかなと思いました。

Amazonなどで購入ができますので、試したい方はどうぞ。
IQOSより安いので、個人的にはおすすめですね。
https://amzn.to/2IO3CEJ
posted by Vapor Punker at 12:04| Comment(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Joyetech CuBox with CUBIS 2 Kit - 3000mAh

今回はJoyetehのCuboxスターターキットのご紹介。

Cubis2のアトマイザーセットになっていますが、Cubis2のチャイルドプルーフのトップフィルシステムは今回初めてでしたので興味津々でした。
というわけで、早速見ていきます。
P5120864.jpg


開封


P5120865.jpg
箱を開けるとこんな感じ。
本体がどーんとあって、底部に付属品。

P5120866.jpg
バッテリーMOD、アトマイザー、ドリップチップ、プリメイドコイル、パッキン類、取説類、充電ケーブルなどが付属。

本体 バッテリーMOD部


P5120867.jpg
側面にUSB充電部があるタイプになっています。これ持つと結構ずっしりです。3000mAhということで電池が詰まっている感があります。
アルミ調のブラシヘアラインは非常にキレイです。

P5120869.jpg
電池残量は数値ではなく、5本の棒にて確認するタイプです。
非常に見やすい液晶です。このキットは出力変更できませんので、表示はこれのみ。

P5120870.jpg
底部です。特になにもありませんが、ベントホールはしっかりあります。

アトマイザー部


P5120871.jpg
22mm径のプリメイドコイル交換型のタンクです。

P5120872.jpg
構成としてはこんな感じです。エアフローはトップになっており、アトマイザー底部は非常に薄い。
ドリップチップもアトマイザー側が凸になっており、被せる感じ。珍しいですね。

P5120875.jpg
これが気になっていたチャイルドプルーフのトップフィル構造。
結構前からあった仕様ですが、見るのは初めて、アトマイザー側面の矢印を合わせてスライドさせるとスライドしながら空きます。

リキッドチャージをするときに概ね、蓋の置く場所がないと困るのですが、これは便利。
簡単に片手にボトル、片手に電子タバコを持って立ってリキッドチャージできます。
また、カチッとしっかりハマるので漏れる心配もなさそうです。これはよくできています。
ヒンジが折れなければ良いですね。

実際に使ってみる


手で持った感じとしては、BOXタイプで角が取れているタイプですので非常に持ちやすいです。
P5120878.jpg

手で握り込むとこんな感じです。
P5120880.jpg

P5120876.jpg
質感も非常に良いです。よくできています。

さて、ミストの方ですが個体差かなにかわかりませんが、爆煙ではなくしっかりと味が出る感じの控えめ。
ドローも調整するとじっくり味わえる感じです。
少しワイドボア気味のドリップチップでしたので爆煙よりなのかと思っていましたが、そうでもない様子。
単に加えやすさでテーパーがかかっている仕様なのかもしれません。

個人的にはこれで出力可変タイプだったら買いかなと思いましたが、そういう趣旨の製品ではないので
あくまでスターターキットで使うという製品です。
3000mAh仕様ですので概ねバカバカ吸っても一日は持つと思います。
ヘビーユーザーのスターターキットとしてどうぞ。

今回はBuybest.comさんよりご提供いただきました。
気になった方は以下URLからご確認ください。
https://www.buybest.com/product/Joyetech-CuBox-CUBIS-2-Kit-3000mAh_49654.html
posted by Vapor Punker at 10:47| Comment(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする