2017年09月17日

CigGo pen mini

最近ヴェポライザーというものが気になってます。
いわゆる加熱式の電子タバコですが、日本国内ではiQosやPloom tech、gloの三つ巴になっています。

そこで、最近は手巻きタバコに使用するシャグ(刻みたばこ)を使用したヴェポライザーも注目を浴びてきており、特にCiggo社製のハーブスティックが巷で流行り始めているところです。

そんななか、HERBSTICKをリリースしているCigGo社からPloomtech互換となる新製品のCigGo pen miniを早速レビュー。
P9170448.jpg

開封


P9170451.jpg
部品点数は本体バッテリー部、カトマイザー、USB充電器の3種類。
カトマイザーは1パックにつき5本入っています。

取説と裏パッケージは日本語です。あやしい日本語ではなく、しっかりと日本語になりますのでこのあたりはしっかりと日本人または日本語が堪能な方が和訳をしているものと思われます。
Ploom Tech自体が日本市場のものですので、当然和訳は大事でしょう。

バッテリー


P9170452.jpg
スレッドは901スレッド。Ploom Techは数世代前のVape構造を有していますので、いわゆる901スレッドとまったく同じです。要は昔販売されていたカトマイザーが流用できる構造になっているわけですが、そんなカトマイザーもすでに化石ですのでそんな方は居ないと思いますが、901スレッドと呼ばれる構造というのをひとつ覚えておくと良いと思います。

P9170453.jpg
先端にはCigGo Pen Miniのロゴ入り。
P9170454.jpg
先端は金属メッキ調になっています。この手のバッテリーは大概LEDライトが内蔵されていますが、この製品も例に漏れず青いLEDが点灯します。点灯時は後程。

電池容量は210mAhとPloomtechと同じのようです。
バッテリー容量が少なくなると10回青色LEDが先端で点灯し、消える仕様です。

充電器


USB充電器が1パックにつき1つ付属しています。Ploomtechは垂直に挿すタイプになりますが、こちらは水平タイプになります。910スレッドがついており、ねじ込むと通電します。
差し込むと緑と赤色LEDが点灯。共にバッテリー側の先端も点灯します。アウトプットは4.2V 200mAhとじっくり充電する仕様になっています。この手の小さいバッテリーは急速充電するとすぐに劣化しますので、複数本で運用したほうが良いと思います。

全体


カトマイザーと組み合わせるときはスレッド同士をねじ込んで取り付けます。
P9170457.jpg

タバコと比べると少し長め。120mm程度になるので、100sサイズのタバコより少し長めですね。
ブラックカラーを見ていると、タバコのジョーカーを思い出します。あれも確か120mmだった記憶があります。

使ってみる


思っていたよりミストと味が出てビックリしました。
この手のものは本当に昔に使ったことがあるぐらいで、最近ではeRoll(それも数年前)でしたが、今も改良が進んだのでしょうね。
昔の記憶を辿る限り、ここまでミストと味は出ていなかったような気がしますね。

一方、付属のカトマイザーを使わずにPloomtechのカートリッジを使った時ですが、基本はほぼ同等仕様ですので変わらずに使うことができるでしょう。
Ploomtechのスターターキットがキャンペーン価格で数千円ですが、プレミア価格の1万オーバーで購入するより互換品を購入したほうが良いと思います。なぜなら構造が901スレッドの昔の構造ですのでほぼ変わりがないことは概ねわかります。もちろん電池性能などありますが、元々少ない電池容量ですし然程変わりはないでしょう。
そもそもこの電池容量ではマメに充電をする前提ですし、本数を多く廻したほうが効率的だと思います。

そんなわけでPloomtechの抽選販売に外れている方、互換品も良いと思いますので検討してみてはいかがでしょうか。
P9170460.jpg
今回はCiggo販売店のBauway社よりご提供いただきました。
http://www.bauway.com/

製品ページはCigGo社のWebサイトにありますので、気になる方は見てみてください。
https://www.ciggo.com/ciggo-pen-mini-html.html
ラベル:ciggo
posted by Vapor Punker at 20:22| Comment(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Suorin Air Starter Kit

今日はスターターキットのレビュー。
Suorin Airになります。最近流行りの超コンパクト、ステレス性が高いスターターキットです。
このSuorin Airはいくつかバージョンがあるようで、付属のカートリッジの抵抗値が一番見分けやすいのかもですが、当初は2.2ohmだったようですが、その後、1.5ohm、さらにそこから1.2ohm MAX16Wとなったようです。

届いたものは最新タイプだと思いますが、色々仕様変更されている製品のようですので参考まで。

というわけで、早速見ていきたいと思います。
P8160244.JPG

開封


P8160245.JPG
箱を開けると本体バッテリー部とアトマイザー部が見えます。
この時点ですごく小さい、薄いとビックリしました。これカードサイズですね、ホント。
P8160246.JPG
注意書きにVG:PGの7:3がベストですよと書いてありました。リークと焦げ付き防止でしょうか。
このぐらい薄さのコイルとウィックを想像するにリキッドは選ぶでしょうね、さすがに。

取り出すとこんな感じです。小さいなぁ、ホント。
P8160247.JPG

じっくり見てみます


見てください、この薄さ。すごいですね、ホント。
P8160249.JPG

もう一枚。
P8160248.JPG

本当に薄い。吸い口、この場合ドリップチップと言って良いのかわかりませんが、カードリッジ角にあります。
P8160252.JPG
バッテリー部にスイッチがあります。この製品はオートスイッチモデルになりますので、基本はこのスイッチは電源ON/OFFのみです。

カードリッジのリキッドは底面から入れますが、シリンジはあった方が良いですね。
なくても入れられますが、あった方がいいかなと思います。
P8160254.JPG

使ってみる


予想以上にミストが出ます。こんな小さいので大きなミストが出せるのはかなり魅力的。
カートリッジのリキッド容量が2mlのため、バカバカ吸うものではありませんが、ちょっと濃度を高めにしたリキッドであれば、ちょこっと吸いにかなり適しています。

バッテリーに関してはモバイルバッテリーを持ち歩けばなんとかなってしまいますので、あまり気になりませんが、ポーチに予備のリキッドを入れておけば軽く外出する時や荷物を少なくしたいときはこれなら気軽に持ち歩けます。

味はまぁこの手のスターターとしては良い方だと思います。薄いとも思いませんでしたし、よくあるプリメイドコイルの味ですね。至って普通ですので、サイズ感さえ気に入れば良い製品だと思います、

というわけで、簡単なスターターキットですので、難しい機能などなく迷わずVapeを始められるキットではありますが、かなりポータブル性に振った製品ですので、セカンドとして持っておくのがいいのかなと思いました。

今回はHeaven Gifts様よりご提供いただきました。
もし気になりましたら、以下URLよりご確認をお願いたします。
https://www.heavengifts.com/product/Suorin-Air-Starter-Kit.html

ラベル:Suorin
posted by Vapor Punker at 19:17| Comment(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

WOTOFO FLOW SUBTANK

今日はWOTOFOの新作、WOTOFO FLOW SUBTANKのレビューです。

WOTOFOはサーペントからサブタンクまで試しましたが、概ね良い製品のモノが多く、こちらのアトマイザーも新作ということで期待しています。

というわけで早速開封してみていきたいと思います。
P8160237.JPG

開封


P8160238.JPG
開けるとアトマイザー本体、予備ガラス、予備コイルが見えてきます。
この他ギャランティーカード類が付属しており、いつものタンクの構成です。

分解


アトマイザーの構成は以下の写真のとおりです。
P8160239.JPG
トップフィルになっていますので、キャップが外れる構造、しっかりとOリングも入っていますので一定の作りの良さはここを見てもすぐにわかります。
エアフローリングも外れるようになっていますので、洗浄を考えるとアクセスは良いですね。

トップフィルの構造は以下の写真。
P8160240.JPG
シリンジを使わなくても普通のスポイトでしっかりとリキッドチャージが可能です。

また、この製品は2枚目の写真にタンクの中に入れるシリコンパーツが含まれています。
こちらは4ml→2mlにするパーツになり、タンク容量を小さくするものです。
ただ、タンクが小さくなるわけではありませんので、意味がないといえば無いのですが、EUの規制でタンク容量が2mlであること(RTAなど除く)の条項にかかるため、その規制に対応しているものと見受けられます。

早速使ってみる


P8160241.JPG
24mmアトマイザーですので、22mmのみのiStickPICOには使用不可(無理やり付きますけどね)。
今回はブラックカラーということで、スタイリッシュ。24mmの4mlですので大容量ながら低背構造。
MODにつけるとその小ささが良くわかります。

リキッドを早速入れて使ってみると、非常に味が濃い。
コイルの出来が非常に良いですね。0.25ohmということでかなりの低い抵抗値。ミストの量が多いので、味もかなり濃いですね。コットン臭も少なく、クリアですね。
リキッドの消費量は少ないとはいえず、結構使う方です。ミストも多いのでその分消費も多かったです。
P8160243.JPG

ドリップチップはワイドボア気味ですので、そりゃミストも多いだろうという感じですが、残念なのはエアフロー調整がしにくいところでしょうか。一定のエアフローを開けると笛鳴りしやすいです。
私はあまり空けないので良いのですが、人によっては気になるかもしれません。

全体的に一定の水準を超えていますので、あとはコイルの入手性、価格で決めていただいて良い製品です。
バランスが良いので買って損した気持ちにはならないでしょう。
P8160242.JPG

というわけで今回はHeaven Gifts様よりご提供頂きました。
気になった方は以下からどうぞ。

https://www.heavengifts.com/product/WOTOFO-FLOW-SUBTANK.html
ラベル:WOTOFO
posted by Vapor Punker at 13:44| Comment(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする