2015年12月31日

Aspire Odyssey mini kit その3

今日は第3回目 引き続きAspire Odyssey mini kitのレビューをしていきます。

第3回目の今回は、アトマイザー部であるTriton miniがメインです。
PC311109.JPG

Triton2mini


まずこのクリアロマイザーは最新のものらしく、コイルが3種あり、それぞれNi200o.15Ohm、Claptonコイル1.8Ohm、カンタル1.2Ohmが付属しています。
PC311112.JPG
個人的に温度管理のNi200コイルよりもクラプトンコイルの方が気になっていたりします。

また、構造はトップフィル構造になっており、ドリップチップを外すと上からリキッドを注入できる仕様です。こちらも最新機種ですね、やっぱり。
PC311111.JPG
なお、ドリップチップはその構造上、付け替えはできなくとないのですが、種類によってはかなり不格好になります。
ドリップチップ部の先端だけ取れますので、そこに510のドリップチップを差し込みますが、合うのは低背のドリップチップでしょう。
PC311110.JPG
そして、写真で穴が空いている場所からリキッドを入れた後、上部を回転させると、下部のジュースホールが連動して開放され、コイル側へリキッドが入っていきます。

また、エアホールは無断階調整式ですが、適度な吸い心地です。Subtankでいう中間が、全開と同等っていう感じでした。私は常に全開で良い吸い心地です。
スカスカが好みの方は少し物足りないかも。

タンク容量は2mlで若干少め。

実際に吸ってみる


まず最初にクラプトンコイルが入っていたので、付け替えてカンタルコイル1.2Ohmから。

うーん、普段RBA系のアトマイザーで吸っている分味は薄め。15W〜20Wが推奨値のようですが、MAXの20Wでやっと味が出てくるかなという印象です。
ミストの量はまぁ普通といったところですが、少し少ないかなと感じました。
サブオームではないので、妥当といったところです。

次にNi200の0.15Ohmを試してみます。
温度管理機能は個人的に必要ないかなぁと思っている人間なので、あまり期待せず使用(笑。

まずは300Fから試してみましたが、概ね350Fから使えるような感じ。
400Fになるとミスト温度も少し上がってきて美味しく吸えるなぁというところ。
450Fあたりからミスト温度が高いものの、かなりリキッドの味が濃くなり、500Fになるとかなり濃い味が出てきます。そこから上げると若干限界かなというところです。
ミスト温度が上がりすぎて熱いことと、味が濃すぎて喉が若干違和感感じます。

うん、美味しいですね、これ。かなり良いと思います。ただ、リキッド消費量がかなりあるので、燃費はかなり悪いです。まぁ濃いミストを生成しているわけですので、当然ですけれども。

次に期待のクラプトンコイル1.8Ohm。
クラプトンコイルは知らない方は簡単に説明しますとエレキギターの弦のように中心となるコアとそれに巻きつけてあるコイルから成り立ちます。
メリットとしてはコイルを熱する表面積が増大し、リキッドの消費を伴いながらミスト量と味が変化します。
ただし、ミスト温度が上がりがちですので、ミスト温度が・・・という方はデメリットになるかもしれません。
また、DIYが難しいので、今はプリメイドコイルを選ぶのが一番ですね。

以下に詳しい解説がありますので、もし良かったら読んでみてください。
More Vapor & Flavor? Clapton Coil Options & Benefits

実はクラプトンコイルは初めてでして、今年の初め頃ぐらいにどこかで見た記憶があって気になっていたのですが、自作もする気が起きなかったので今回が初挑戦。

1.8Ohmということで推奨出力は13〜16W。
うーーーん、美味しいには美味しいけど・・・。何かが足りない。
ミスト温度は言われるほど高くなく、そこそこのミスト量も高抵抗ながら検討。
味はなんだろう。薄いというよりは、何かのフレーバーが飛んで別の味が出てきてる感じ。
ただのカンタルワイヤーとは別物とは分かるのですけどね。
この辺りは好みかなぁ?

ちなみに20W以上かけると非常に美味しく吸えますが、かなり電圧をかけて使うことになるので電池消費はかなりのものになります。この辺りはトレードオフですね。

Aspire Odyssey mini kit総評


全体的に良い出来ですね。色々コイルが試せるキットとして初心者向けの単機能スターターキットからのステップアップとしては良い製品だと思います。

気になるのはベントホールが見つからなかったことですが、この辺りはなぜ目に見えるところにないのが謎。
気になるので穴開けすると良いと思います。

また、リキッドの注入はシリンジを持ってたほうが良いと思います(普通のスポイトでも大丈夫ですが、若干穴が小さめのため粘度が高いリキッドの場合リキッドが落ちて行きません)。
さらに、粘度が高いリキッドはジュースホールが中途半端な大きさのため、エアが逃げにくくリキッド不足になる可能性もあるかなと思います(PG/VG;30/70)まで使いましたが、特に供給不足にはならなかったので大丈夫だとは思いますが。

MINIということでどちらかというとタンク容量が小さくチェーン向きではないと思いますが、上手くまとまっていて良い製品だと思います。
PC311116.JPG
SUBOXとそろそろお別れかなぁ?と感じる製品でした。

というわけで、今回ご提供頂いたHeaven Giftsでは以下URLにて注文できます。
Heaven Gifts Aspire Odyssey mini kit Silver
8%offクーポンコード AHGEVAPEもお忘れずに。
ラベル:ASPIRE Heaven Gifts
posted by Vapor Punker at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Aspire Odyssey mini kit その2

年末年始で忙しくてなかなか電子タバコも触っていられないのですが、遅れましたが今日は先日の続きAspire Odyssey mini kitの紹介です。

機能とか表示部など


このバッテリーMOD部は18650バッテリーを使用したテクニカル系です。
可変出力(VW)はもちろんのこと、最近主流になった温度管理機能も搭載しています。

表示部はこんな感じ。昔のラジカセなどのオーディオ表示パネルみたいなデザインですが、質感はまずまずといったところです。
PC071054.JPG

バッテリー部はマグネットの蓋で簡単に交換ができます。勾玉のような形状の銀色の部分は端子になっており、ここをスライドして電池を固定します。
PC071055.JPG

最初この端子部をスライドさせるとは分からずにあれ?と思ってましたが、写真のとおりにするようです。
取扱説明書には詳しく書いてあるのを見つけられませんでしたので、ご注意を。
PC071057.JPG

電源をいれるとこういった表示になります。液晶が比較的綺麗で見やすいすね。
PC071065.JPG

さて、アトマイザーをつけると上記のような表示にはならずに、まず温度管理機能表示からになります。
左からカンタル、ニッケル、チタンワイヤーですね。

この設定後、バイパスモードかレギュラーモードを選択た後、吸えるという手順を踏みます。
バイパスモードとは、多分ですが擬似メカニカルモード(バッテリー電圧そのまま)、レギュラーモードは通常のVWモードになります。個人的にこのバイパスモードって必要あるのかっていうのが未だに疑問(SMOKもありますよね)。まぁなんらかに利点があるのでしょうか。。。

ちなみに便利なのが傾きセンサーがついているのか、傾きに寄って表示部が反転してくれます。
PC071063.JPG

基本的な安全機能や対応抵抗値などはほぼ最近のところを網羅していますので、ここでは割愛します。

で、このバッテリー部ですがひとつ疑問点が。

ベントホールがない?んですよね。なぜエンジニアが省略しているのか意図は不明なのですが。
写真を見ていただくと蓋に穴があいておりません。
PC081066.JPG

かろうじて、内部に通気口があるのですが、ここに息を吹きかけるとMicroUSB端子から空気が抜けるようにはなっているようです。
かといっても、ガス抜きには不十分な気がするので、気になる方は蓋に穴を開けないといけませんね。。。

ファーストロットだからそうなのかいまいちよく分かりませんが、そこだけ非常に気になりました。

その他は特に気になったところはなく、概ね良好です。
時々電源ON/OFFが勝手になり、アトマイザー設定の表示がチラチラして邪魔くさかったところもありますが、そんなに頻発するものでもないです。スライド端子のスライドが甘いとなるようです。

またそのバッテリー端子がスライド式ですので、バッテリーの皮膜が破れる可能性が若干あるかなといった感じでした。

次回予告


次はアトマイザー部 Triton MINIをレビュー。お楽しみに。

というわけで、今回ご提供頂いたHeaven Giftsでは以下URLにて注文できます。
Heaven Gifts Aspire Odyssey mini kit Silver
8%offクーポンコード AHGEVAPEもお忘れずに。
ラベル:ASPIRE Heaven Gifts
posted by Vapor Punker at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

Aspire Odyssey mini kit その1

今日からAspire Odyssey mini kitのレビューを始めていきます。
今回もHeaven Gifts様より提供頂きました。ありがとうございます。

Aspireは比較的、日本国内でも人気があるメーカーではありますが、このBlogで取り扱うのは初めてですね。
Aspireはどっちかというとアトマイザーで頑張っているメーカーのイメージがありましたが、最近はキット販売にも力が入ってきていますね。

というわけで、今回は新製品のAspire Odyssey mini kitをレビュー。

製品構成


まず、このキットはPEGASUS miniとTriton miniのセットになっています。
箱の外観
PC071044.JPG

箱を開けるとなんだか高級感。
どこのメーカーもそうですけど、中国製でもこういう見た目ってすごく気を使ってますよね。
まぁよーく見るとアレなんですが。
PC071047.JPG

中身としては、取扱説明書、PEGASUS mini、Triton mini、microUSBケーブル、交換用ガラスタンク、コイル×2(+1個はTriton2に装着済みなのでキット全体では3個付属)。
PC071048.JPG

microUSBケーブルは打刻入りです。こういうのって地味にお金かかってる感が良いですよね。
PC071050.JPG

PEGASUS miniをクローズアップ


このMODは機能が非常に多いのですが、まずは外観から。
マットなシルバーでなかなか良い品質。結構軽いです。
他にもブラックとゴールドがあります。
PC071051.JPG

手に持ってみた感じ、まぁまぁ良好です。このMOD形状は上から見た時に楕円ではないため、角をとった方が手の平に当たる感じになります。
PC071052.JPG

逆でも持てますが、少し角が違和感。
PC071053.JPG

大きさはいつも使用してるSUBOXと比べると若干大きめです。
ただし、前述の通り重量は比較にならないぐらい軽いです。
PC071058.JPG

上からみるとこんな感じ。
22mm径のアトマイザーは付きます。最初公式Webサイトでは16mmと書いてあったので、22mm径のアトマイザーは不格好かな?と思っていましたが、Webサイトの表示は最薄部でした。
ちなみにTriton2 miniは20mm径です。
PC071059.JPG

持って見た感じとしては、個人的にはSUBOXの方が持ちやすいかなと思います。
やっぱり手に馴染むのは角が落とされてる方が好みです。
軽さは断然Pegasus miniの方が軽いのですけれどもね。ただ、使用していて嫌になるっていうほどでもありませんので、好みに寄るかなと思います。

次回予告


次回はMOD部の機能などを紹介していきます。
機能が非常に多いのでまた記事も長くなりそうです。


というわけで、今回ご提供頂いたHeaven Giftsでは以下URLにて注文できます。
Heaven Gifts Aspire Odyssey mini kit Silver
8%offクーポンコード AHGEVAPEもお忘れずに。
ラベル:ASPIRE Heaven Gifts
posted by Vapor Punker at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする