2015年05月13日

電子タバコと部屋の汚れについて

電子タバコを吸っていると、煙草の匂いつかなくてイイねだとか、煙草臭くなくて良いですねなど色々周りから良いことばかりというイメージで語られることが多いのですが、電子タバコはハッキリ言って「部屋が汚れます」とデメリットがあることを私は認識しています。

今日はそんなお話。

漂うミストが部屋を汚す


電子タバコ用のリキッドは、主にVGおよびPGを主成分としたものに香料やエタノール、精製水など色々なものが添加されています。
それらがミスト(水蒸気)化して空中に漂うわけですが、電子タバコを吸っている方は気が付くと思うのですが、お部屋汚れていたりしませんか?

埃が溜まりそうなPCのディスプレイやPCの中を開けてみるとかなりベタベタになっています。

いくつか要因があり、空気中のミストが埃などに付着すること、静電気やその他の物理的な現象などによって引きつけられて壁などに付着すること、その他の集塵作用があったりミストの通り道にあるようなものはかなり付着しやすいようです。

※空気清浄機を使っている方は電子タバコを使うとセンサーが働くことに気がつくと思いますが、これらはミスト化した粒子が浮遊異物の量としてカウントし、センサーが働きます。
浮遊異物をカウントするパーティクルカウンターという測定器で計測したことがありますが、当然のことながらすさまじい程のミスト量をカウントしました。
しかも、目に見えない程の微粒子数十ミクロン以下もかなり飛散しているようです。

どの程度の汚れなのか


主成分はグリセリンですので、水拭きなどでサッと綺麗になります。
ここが煙草と違ってクリーンで良いところです。

一方、煙草はタール(煤)が原因による汚れですので、比較的茶色い汚れで匂いもかなりきついものですが、電子タバコ用のリキッドに関してはグリセリンによるベタつきがほとんどで、香料などの匂いは消えてしまう(極々少量では匂わない)ようです。

例えば、閉鎖空間でずーっと吸っているとどうなのか。
クルマの車内で吸っている方は気が付くと思うのですが、ガラスが非常に曇ってくることに気がつくと思います。これらはミスト化したリキッドがガラス面に付着し、曇りやギラギラとなって汚れるようです。
ただし、こちらも水拭きなどでサッと綺麗になりますので、何度も拭く必要がある煙草汚れとは少し違うようです。

車内のガラスの汚れは外の景色を透過させて見ていますので汚れたなと気が付きやすいのですが、この現象はあらゆる場所で起こっているはずですので、きっと部屋にあるあらゆるものはこれらの汚れが付着していることは容易に予想ができます。

電子タバコは電子機器すらも壊す?


まだまだ仮説や予想に過ぎないのですが、私はミスト化したリキッドは電子機器を壊すと考えています。
壊すとまではいかないですが、調子を悪くすることぐらいはあるだろうと考えています。

その理由なのですが、私はとある設備メーカーに在籍しておりまして、そこでとある電子基板を預かったことがあります。
その電子基板は「電子基板に流れる電流・電圧に異常が起こるとエラーランプを点灯させる。その異常のしきい値はかなり小さいものを検知する」という仕組みのものです。

興味本位でいつも電子タバコを吸っている机の上においていたところ、たった3日(1日1,2時間)でエラーランプが点灯しました。電流もしくは電圧異常が起こったようです。
エラーランプを解消するには外的要因を取り除かなければエラーの消灯ができないのですが、その消灯の方法は電子基板の表面をエタノールで清掃することでした。

つまり、電子基板が汚れて電流・電圧異常が起こったわけです。

外観上には一切汚れが付着していそうに見えないのですが、恐らく見えない汚れが蓄積されて異常を起こしたものと考えられます。
もちろん電子タバコのミストがかからないようにしたところ、エラーは起こさないことは確認済み。

よって、恐らく電子基板など電子機器にミストがかかると何らかの異常や調子が悪くなる懸念があります。
実際に私の机の横にあるPCですが、ちょうど吐き出したミストを吸い込む形となっており、その状態が一年ぐらいたった今、非常に調子が悪い(笑。電源が入ったり入らなかったりします。

恐らく電源の不調だと思われます。

リキッドの種類などにも違いがある模様


私は車内で吸うことが多いのですが、ガラスの内側が汚れますので2,3週間に一度ぐらいはガラス清掃をしています。
そこで気がついたのが、使っているリキッドによって汚れ方がまったく違うことに気が付きました。
例えば、香料がまったく入っていないVGに無味ニコリキを薄めたものは、あまり汚れがつきません。
というよりも、ほとんどガラスの清掃をしなくも良いぐらいです。

一方、激甘リキッドのカスタード系や濃厚な味がするリキッドに関しては汚れるのが非常に早い。
運転席側のドアガラスを観察しているとすぐに分かるほどです。

それぞれ出てくるミスト量は然程変わらないので、恐らく使用している香料成分などの違いによるものだと思いますが、リキッドによって差異がかなりあるようです。

まとめ


私は電子タバコのミストはまったくの無害ではないと考えています。
微々たるものではありますが、少なからず周辺のものを汚したり、電子機器の調子を悪くしてしまう可能性があります。

しかしながら、清掃は容易ですので煙草ほど気にする必要はないようです(分解清掃できないものは除く)。

煙草のように他人に迷惑をかけることが少ないものかもしれませんが、少なからずミスト化したリキッドに関しては眼に見えないほどの影響は少なからずあると思いますので、マナーを守って使っていただいたり、周囲の影響なども考えながら楽しみましょう。
posted by Vapor Punker at 23:31| Comment(7) | TrackBack(0) | Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
根拠がまるでない
Posted by at 2016年07月01日 11:30
名無しさんコメントありがとうございます。
主語がないのでコメントしようがありませんよ。
またよろしくお願いします。
Posted by Vapor Punker at 2016年07月01日 17:43
最近、換気扇まで移動して吸うのが億劫になり電子タバコに切り替えたのですが、
吐き出したミストがPCの吸気口にモリモリ吸い込まれていく様子を見ていて
「無害なわけがないだろうな」
と思っていました。
かなり粒度の細かいミストになっているとは言っても、元は液体ですしね。
Posted by at 2016年07月14日 20:18
atさん、コメントありがとうございます。
グリセリンは水のようにすぐ乾いたりしないので、蓄積されたらおっしゃられるとおり液体垂らしたのと似たような状態になりますしね。

電子基板でもリークしやすいものに関しては、多分に影響はあると思います。
ただまぁ、PC内の基板は比較的頑丈ですので、余程濃いミストを入れなければ大丈夫かなー?煙草のヤニよりはマシかなぁ?なんて楽観的に思っていたりはしていますけれども(笑
Posted by Vapor Punker at 2016年07月14日 23:11
そうですねw
どうなってもヤニよりはマシだろうな、とは思ってます
Posted by at 2016年07月15日 01:24
グリセリン自体は揮発するものなので最終的には壁とかにこびりついても残らないはずです。しかしそれ以外の不揮発性の成分が有るとしたらそれに関しては定かではありません。ですからもし壁が汚れるというのならば、あなたがおっしゃる通り部屋に漂う汚れがグリセリンを介して付着するからなのでしょう。それは致し方ありませんね。
Posted by るび at 2016年11月29日 06:18
るびさん、コメントありがとうございます。
グリセリンによる汚れの付着は主に、2つあると思います。
仰るとおり、グリセリンを介した汚れの付着ですね。
グリセリン自体は揮発性は非常に低いので、グリセリンが付着後、汚れが付着するとそのまま汚れがついてしまういうものですね。
もうひとつはグリセリン以外に添加物がありますので、それらの汚れですね。

どちらにせよ何もしていない状態よりは付着しやすい環境になるのでしょうね。
Posted by Vapor Punker at 2016年11月29日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック