2017年02月05日

OBS Engine SUB mini Atomizer

今日はOBSのEngine SUB miniのレビューです。
OBSは初めてなのですが、どうなのかなーというところ。
新興メーカーも色々ありすぎて最近の事情はよくわかっておりません。

このOBS Engine自体はRTAバージョン、miniではなく25mmタイプなど色々あるのは知っていたのですが今回は23mmタイプのタンクタイプということで。
P2051533.JPG

開封


開封した瞬間すでにアトマイザーがキラキラしています。
これ、意外と造り良いかも。

付属品はアトマイザー、予備コイル、予備パッキン、予備ガラス、取扱説明書。
タンクですので基本的なところのみですね。
P2051534.JPG

アトマイザー 分解


P2051535.JPG
こんな感じに分解ができます。エアフローコントロールはトップにあり、トップから下にそして上に戻ってくるタイプ。

コイルがまた大きい。。。
中にノッチコイルが縦に入っています。リキッド消費すごそう。
付属は0.2ohmで40-100W対応です。
P2051536.JPG

エアフローコントロール部は画像の穴が開いている部分。3箇所ぐるっとまわってあります。
無段階調整で、全開にするとスカスカです。
P2051537.JPG

リキッドの充填はこのエアフローコントロールを上に上げると開口部がでてきますので、ここから注入します。普通のスポイトで良い大きさです。シリンジ要りません。
P2051538.JPG

ドリップチップはPOM製でワイドボア気味。510接続です。
このドリップチップはちょっと好みです。ワイドボアは基本好きではないんですが、微妙なテーパーが咥えやすいですね。
P2051540.JPG

使ってみる


早速使ってみます。23mmですのでiStick PICOは無理かなと思ったのですが、普通に装着できました。
回転させている時にバッテリーキャップに接触しますが、接続可能です。
そして思ったよりカッコイイ。
P2051541.JPG

肝心のお味ですが・・・
あれ、ミスト全然出ないよね。あぁ20Wにしてたのでそりゃ出ないよねということで40Wに。
40Wでも少しだけ。あれー?と思いながら10W刻みにしていくものの60W付近でも少しだけ。
味がほとんどしません。

途中で喉が痛くなってきたのでミスト化されていないわけではなさそうですが、ちょっとこれは使えないですね。

というわけで、しばらく放置したりバラしたりしたものの駄目でした。
うん、これは駄目ですね。

と、いうわけであれやこれやしていたところ、提供していただいたHeaven Giftsさんからメールが。
一部ユーザーでコイル駄目っぽいから新しいの送るよ!ということで、また次回になりました、とさ。
P2051542.JPG
ラベル:obs
posted by Vapor Punker at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック