2018年01月04日

CARRYS Green Subohm Tank 4ml

今回はCarrysのGreen Subohmタンクのレビューです。

この製品はどちらかというと格安クリアロマイザーの括りになると思います。
たった10ドル程度で購入ができるサブオームタンク。安いですね。

というわけで、早速見ていきたいと思います。
P1040597.jpg


本体


P1040598.jpg

まずこちらのタンクは25mm径。
開封をしてみると、本体とシリコンリングが付属しています。スペアのOリングなど付属していないコストを抑えた仕様です。本体が安いので、Oリングを変えるより本体を買い替えというコンセプトですね。

P1040599.jpg
分解をするとこういった具合。

P1040600.jpg
コイルです。

P1040601.jpg
バーチカルタイプの0.5ohmタイプが付属。スペアコイルは付属していませんので、本体と一緒にスペアコイルを手に入れたほうが良いですね。ただ、スペアコイルも5個入りで5ドル付近とめっちゃ安いです。

このコイルはシリコンゴムで覆われています。この手のコイルは初めてみましたが、果たしてシリコンゴムで作る必要があったのか非常に謎。ただ、コスト的に見ると金属で作るよりシリコンゴムの方が安価なのかもしれません。

P1040602.jpg
ねじ込んで取り付け。

P1040603.jpg
ドリップチップですが、こちらもシリコンゴム。初めて見ました。
プラスチック樹脂と比べると、咥え具合が意外と良いですね。なんとなく口当たりが良いです。
ただ、ゴムの欠点であるホコリが付きやすく、ゴムは粘着性が僅かにあるのでそのホコリってなかなか除去できません。510タイプのドリップチップになりますが、これを他のものに取り付けたら結構具合が良かったです。

使ってみる


P1040604.jpg

P1040605.jpg

25mm径のクリアロマイザーになりますので、低背ながら容量が4mlと大容量です。
この製品はエアフローの調整が本体側でできない仕様。基本は全開です。コストを下げた結果ですね。
写真にあるとおり、このシリコンゴムを下げていき、エアフローホールを塞ぎ、調整をする仕様のようです。

味は普通に美味しいと思います。0.5ohmコイルが搭載されていますので、十分なミストと味が楽しめます。
エアフローホールに関しては少し調整が難しいといいますか、「コレ」というのを見つけるのが少し手間です。まぁ一度決まればほぼ固定ですので、問題ないといえば問題ないですけれども。

私個人としては安価な製品というのは見ていて「こんなコストの削減の仕方があるのか」というのが垣間見えて面白いところはあるのですが、どちらかというとやっぱり高機能モデルの方がレビューをしていて面白いですね。

本体が10ドル、スペアコイルも5個入で5ドル前後とかなりリーズナブル。
コレだけ購入すると送料が高いので抱き合わせになると思いますが、これを運用するという手も良いんじゃないかなと思いました。

というわけでHeaven Giftsさんで購入できますので、気になった方はチェックしてみてください。

https://www.heavengifts.com/product/CARRYS-Green-Tank.html

ラベル:Carrys
posted by Vapor Punker at 12:21| Comment(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: