2017年08月16日

Digiflavor AURA RDA

今回は、本当に珍しくRDAのレビューです。
RDAはリキッドの味見だとかその程度でよく使っていたのですが、最近は新しいものも手に入れてなかったので久し振りな感じです。

今回のレビューのDIGIFLAVORは名前はよく「味重視」のメーカーとして聞いていたのですが、使ってみたのは初めて。というわけで早速レビュー。
P8160228.jpg

開封


早速箱を開封です。久し振りのRDAなので少しワクワク。
P8160229.jpg
箱を開けると至ってシンプル、RDA本体のドリップチップが見えました。
このAURA RDAはワイドボアが最初に本体側についており、通常のドリップチップが添付されています。通常のといっても、結構口は広いです。

内容物はこんな感じ。
P8160230.jpg
左から、コイル治具、プリメイドコイル(SUSクラプトンコイル)、ドリップチップと510に変換アダプター、予備ネジ、BF用コンタクトピン、ドライバー、Oリング、本体 となります。
なお、ドリップチップは2つともに810規格。

RDA本体


P8160231.jpg

デザインは彫り込みが少し近未来デザインですが、至ってシンプル、どんなMODにも合うと思います。
エアフローホールが上下にあり、下の切り込みのところがコイル下側から上に抜けるエア、上部がコイル横から上部に抜けるエアになっています。
下のエアホールが大きいので、流体力学的に上のエアホールがコイルにうまく当たることはあるのかなと疑問に思いながら、次に行ってみたいと思います。あ、でも下のエアホールをほぼ全閉にすればいいのかなぁというところ。
なお、シングルの対応のエアホールの空き方ではありません。

RDAの中はこんな感じ。
P8160232.jpg

P8160233.jpg

予備知識無しでやっているものだから、中を見て、コレどうやって組むの・・・と一瞬固まる。
いや、まぁ組めるだろうけど大変だなぁというところになります。

P8160234.jpg
510スレッドの底部はこういった感じです。
黄色の丸い樹脂プレートがはめ込んであります。これはMOD側への熱の伝わり方を抑える役割をするそうです。この設計は良いですね。最近のコイルを使うと熱量が凄いのでMODへの熱の心配がありましたが、これなら少し安心できそうです。

実際に吸ってみる


P8160235.jpg

P8160236.jpg

24mm径のRDAですのでリキッドの保持量は多め、1.5mlとのことで割りと長く吸えます。
かなり好感触。味はフレーバー重視とのことで、出力、エアホールなど色々試してみましたが、良いですね。割りとストレートな濃いミストが出ます。ミストの量も多いといえば多いのですが、それもそのはず。かなりドローは調整しないとスッカスカ。下側のエアホールをかなり小さくしないと、切り欠きが大きい分、上のエアホールを調整してもかなり微々たるものです。かなり全閉に近くしないとスカスカですね。

ただ、スカスカのイメージが先行して爆煙みたいな視点から見てみると味はよく出ていて美味しいです。
ほぼ全閉にしたりとかしてみましたが、下側全閉より少し空けて、それよりも上側を大きめに開けるのが好みかなと思いました。

コイルのセットアップですが、最初はポストのクランプへのコイル仮止めをどうしようかなと思ってみましたが、思いの外このビッグスクリューが手締めできたりするのでかなり楽ちんにできました。思ったより手軽で良かったです。コレが小さなスクリューだったらイライラモードになってたかもしれません。

というわけで、非常に良くできたRDAだと思います。造形、加工レベルも高いですし、何と言っても手を出しやすい値段なのが良いです。これは売れそうですね。オススメです。

興味のある方は以下より手に入れられます。
https://www.heavengifts.com/product/Digiflavor-Aura-RDA.html
今回はHeaven gifts様より提供頂きました。Thanks。
ラベル:Digiflavor RDA
posted by Vapor Punker at 17:17| Comment(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

GQ Blue Beast Kit

今日はGQ Blue Beast Kitのご紹介。

これ見た瞬間、あれ?これって某メーカーのペンギンじゃないのと思ってしまいましたが、まぁ似たような感じのものです。

タンクカートリッジ式のスターターキットになりますが、開封して見ていきたいと思います。
P7240107.jpg

開封


P7240108.jpg

箱を開けると至ってシンプル。本体とタンクカートリッジ、USBケーブルと取扱説明書だけという構成。
本当にシンプルです。

本体


P7240109.jpg
非常に綺麗な筐体です。よくできてます。
ステンレスのヘアライン加工が非常に綺麗に作られており、バリや傷などほとんどありません。
穴がいくつか開いていますが、エッジが全て面取り加工されており、しっかりと作られている感がしますね。
キラキラしている分若干指紋が付きやすい感じはしますが、無垢ではなくヘアライン加工製品ですのであまり気にならない点もGood。

本体を開ける


P7240110.jpg
このような形で上半分がパカっと取れます。

P7240111.jpg
中を除くと端子と基板が見えます。
P7240115.jpg
これはタンク側のコイルと連動するわけですが、何を隠そうオートスイッチタイプなのです。
オートスイッチなんて久し振りな感じがしますが、要はミストを吸い込むとスイッチが入りコイルに熱が加わるタイプです。
昔からあるタイプですが、壊れやすいという印象が強く、すぐに廃れてしまいました。が、ここ最近いくつか復活してきているようなので、そういったタイプもスターターキットで増えてくるのかもしれません。

私は昔オートスイッチのeRoll使ってました。

タンク


P7240112.jpg
ブリスターパックに入ったタンク。10mlの大容量。
10mlなんて凄いですね。私もかなりヘビーにVapeを吸っていますが、1日5ml消費でも結構大変だと思います。まぁもちろん、使っているアトマイザーにもよりますが、この手のスターターキットで10mlは驚異的です。
P7240113.jpg
タンクにはコイルも内蔵されており、0.6ohmと記載。丁度良い抵抗値かと思います。
P7240114.jpg
このタンクはドリップチップとタンク、コイルが一体化されているため、消耗品です。
大型のためランニングコストが高めです。まぁタンクもドリップチップも入れ替えになるので衛生的ではありますね。

試しに使ってみる


0.6ohmのコイルですのでミスト量はそこそこ出ます。
ミスト温度はさほど高くないかなぁという感じです。
普通に吸っている分には特に可もなく不可もなく。

味の方ですが、ちょっと飛び気味かなぁという感じですが、シンプルな分かりやすい味のリキッドが合っているかなと思いました。例えばフルーツ!とか、甘い!とかそういうのです。
なんとかのフレーバーに隠れたこのフレーバー。。。などと、色々な隠れている味を詮索するような感じではないです。

何しろ10ml入るので、どのリキッドを入れようかなと迷うところですが、個人的にこういうのは割り切ってニコ摂取用として無味グリセリンにニコ添加してそのまま使うっていう使い方のほうが良いです。
タンクの入手性に若干難しい面もありますので、通常運用としてはできれば長持ちさせたいところです。

最後まで色々見てわからないのが、この製品がどこのメーカーが作っているのかということ。取扱説明書に記載があるのですが、中国の現地法人名で検索してもよくわからず。どこなんでしょうね。GQでもないですし、Blue Beastでもないですし。まだまだ無名のメーカーなのかなと思った次第。

というわけで、今回はHeaven Giftsさんからご提供いただきました。
気になった方は以下URLよりどうぞ。
https://www.heavengifts.com/product/GQ-Blue-Beast-Kit.html
posted by Vapor Punker at 00:14| Comment(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

IJOY Captain PD270 234W Dual 20700 BOX MOD

今日はIJOY Captain PD270 234W Dual 20700 BOX MODのレビューです。

このブログで電池を2本使うタイプのレビューを扱うのは初めてですね。
では早速見ていきます。
P6042014.jpg

開封


今回は2本仕様、特に20700電池を使い、さらに電池が付属という至れりつくせりのフルキットですので箱も少し大きめですね。
P6042015.jpg
本体があり、下の方に取扱説明書、20700電池×2本、18650を使えるようにするサイズ変換用のスリーブが入っています。また充電用のマイクロUSBケーブルという構成。
P6042016.jpg

外観


最初見て思ったのが、普通にカッコイイですね。
オールブラックに、中心に液晶パネルがあり、それら以外のところはカーボン調になっています。
カーボン調の部分は見る限り、カッティングシート系のリアルな手触りを再現したものですね。
P6042018.jpg
スレッドは510。
側面にパフボタン、正面に液晶、ボタン類、USB充電コネクタが並びます。
電池は底面からスライド式の蓋で2本入れます。この電池の蓋はしっかり作られていますね。よく蓋は安いものですと壊れそうな雰囲気がするのですが、これはしっかりしてます。
P6042020.jpg
液晶は正方形状に文字が配置されており、大きさや表示サイズを調整して正方形状にしてます。
見た目は良いですね。電池の容量も2本表示されており、必要な情報はパッと見ですぐにわかります。
これは結構重要です。
P6042019.jpg
試しにショートさせると、ドクロマークが出て警告がでます。文字だけじゃなくて絵文字が出ますので少し楽しい(やってることは危ないですが)。
P6042021.jpg

電池


このモデルは20700を2本使用します。私自身は20700サイズの電池を持っていないので、このフルキットに付属されているのは非常にありがたいですね。その辺のショップじゃ20700サイズなんて売ってないですし。
P6042017.jpg
でも186500のサイズ調整スリーブがついていますので、能力は発揮できませんが使えるには使えます。

電池は3000mAh 40A仕様です。リチウムリチャージブルバッテリーとしか書いてありませんが、CELL FROM JAPANと記載があります。うんたらFROM JAPANってあまり聞き慣れないのですが、どうなんでしょうね。
電池関係はもうわけがわからない感じになっていますので、疑心暗鬼がすごいです(笑

機能


0.05-3.0ohmまで対応しており、温度管理もNI/TI/SSがコントロールできます。TCRコントロール、出力可変がユーザー調整できるマニュアルモード的なものもあり、調整の自由度が高いです。このあたりはもう温度管理調整機では普通となっているものでしょう。

特筆すべき点は特にありませんが、必要十分な機能は持ち合わせています。

使ってみる


想像できることですが、20700電池が2本入っていますのでそれなりに重量感はあります。
握りも2輪バイクのハンドルを持っている感じで太めですね。
ただそれでもコンパクトに押さえられていますので、めちゃくちゃ違和感があるわけではありません。
4隅はアールが入っていて握りやすいですし、カーボン調の凸凹がしっかりとグリップしてくれるので滑りにくいのも良いですね。
P6042022.jpg
普通のアトマイザーをつけると改めて大きいなぁと思いますが、2本仕様と考えるとコンパクトになってるなというのは感じますね。
P6042023.jpg
総評としてフルキットになっていますので、メーカーがすべて用意しているのは大歓迎。
電池をあとで調達なんてしなくていいですし、何も考えずにすぐに届いたら使えます。

機能も必要十分ですし、直列2本仕様のMODを使い始めたい方には非常に楽なパッケージになっています。
しかも値段も電池2本つきで80-90ドル前後です。安いですね。
P6042024.jpg
私は基本、直列仕様のMODを使う機会というのはあまりないのですが、これから挑戦してみたい人には良い製品だと思います。


今回Heaven Gifts様より提供を頂きました。
もし製品にご興味がありましたら、下記より仕様などご確認お願いします。
Heaven Gifs IJOY Captain PD270 234W Dual 20700 BOX MOD
ラベル:IJOY
posted by Vapor Punker at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | E-Cigarette Hardware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする